« 上場取り消しするワケ | Home | 市場の上場審判って何? »

2016年8月15日

有名企業が上場するワケ

有名な社は、さらなる地養成をこなすために
証券市場に上場していることが多くなっています。
一部の会社では資金だけで地統括を償うことができている結果、
証券市場に上場していない地点も存在します。

但し、通常の有名な社の多くは、証券市場によって
費用買い入れをする目的で上場を果たしてある。
近年ではソーシャルネットワーク統括で有名な会社であるFacebookが、
アメリカの証券市場に上場をしています。

Facebookは上場を許す結果、
歴史的にも稀な大キャパシティ費用買い入れを実現してある。
こういう買い入れ費用は背景拡散を拡大するための設備取引などに充てられました。
その結果として、Facebookの地養成はぐんとテンポをすることになってある。

また、中国においてはスマートフォンメーカーですシャオミも上場を実現してある。
シャオミは買い入れ費用を有効に活用する結果、
急速に経歴をアップさせてきています。

その結果として、シャオミは中国では有数のスマートフォンメーカーに成長しました。
シャオミは以前は中小クリエイターであったために、
銀行などからの大キャパシティ貸し付けを受けることは厳しい状態がありました。

但し、証券市場に上場をする結果大キャパシティな費用買い入れが可能になり、
驚異的な地養成をこなすことができてある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.articleated.com/mt-tb.cgi/5

コメントする