« 株式上場した企業の姿勢について | Home | 有名企業が上場するワケ »

2016年8月15日

上場取り消しするワケ

上場取り消しは市場に上場している株式がその上場を取りやめることを意味します。
上場取り消しはめったにないことだけども、なんらかの理由で
上場取り消しをするケースがあります。

基本的に取り消しする理由は、市場の鞍替えがあります。
現在の日本の代表的な市場は都内市場であり、
こういう以外名古屋、福岡、札幌のの3つの市場があります。

上場するためにはこれらの市場の判断を受けた上で株式公開することになりますが、
住所の市場の方が上場しやすいベネフィットがあり、
そのためそれでは地元の市場に上場し、
その上で都内市場など大きな市場にも上場するに関してがあります。

複数の市場に上場続けることはオッケーだけども、
混乱を除けるために、上場する市場を一部分にするため
上場取り消しにすることがあります。

また職場の合体などの場合でも
一元化するために上場取り消しにするケースがありますし、
破綻や廃業に関してで取り消しする場合があります。

一方でめったにない上場取り消しとしては、市場からの上場取り消しだ。
これは公正な協定を維持するために粉飾決算などを引き起こした
職場において適用されるものです。

こういうさいにはたちまち取り消しになるわけではなく
監理素性に移動させられ扱いが囚われた上で上場取り消しするかどうかが判断されます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.articleated.com/mt-tb.cgi/4

コメントする