« 株式上場を目指すワケ | Home | 上場取り消しするワケ »

2016年8月15日

株式上場した企業の姿勢について

先日足腰が痛く病院にて八味地黄丸を処方していただきました。
八味地黄丸とはwww.rotcchicago.orgに詳しく書かれていますが、
体を元気づける効力がある漢方薬だそうです。

上場フィニッシュは、上場して始祖の利益を得ることを目的としている
ベンチャーなどを言います。

また、上場した事公募予算がかなりの高値で、
直後、株価が減算の一途をたどる店舗や上場した先々後に
業績の下方改変を増やす店舗も上場フィニッシュと称されていらっしゃる。
そういった背景には、上場を最大の目的にしている職場が多いことが挙げられます。

本来の上場の用件は、大きく商圏からリソース購入をする結果、
任務発展の資金になるからだ。
上場下部アッという間に始祖やその親子が株式を売却したり、
見た目だけ一心に見せて、じつはクタクタな姿勢を後ほど公表するような様式は
上場フィニッシュといった叱咤されてもおかしくありません。

ちかごろの文章では、とあるウェブサイト遊び店舗が上場少々3カ月で
下方改変や想い欠員を募集するといった、
結構ちかごろ上場したとは思えない仕打ちをし、文章になりました。
その始祖は上場フィニッシュを批判していたやつだっただけに
己もそれをしたことへの心は商圏中の多くが保ちました。

結果として多くの環境小説がこのことを書き、
都内マーケットも動き、そういった職場に関する目線が
こちらちかごろ厳しくなりつつあります。
上場したての職場にはきっちりつきまとう恐れとして、
トレーダーは気をつけなければなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.articleated.com/mt-tb.cgi/3

コメントする