« 有名企業が上場するワケ | Home

2016年8月15日

市場の上場審判って何?

市場に上場審判には、「形態確立」と「通常確立」があります。

「形態確立」では、上場ディーラーとして適当な具合やアドバンテージ平均、
株主総和などが市場ごとに定められています。
株主総和の確立を定めているのは、上場後の株式の流動性を確保するためです。
上場事後、世界に流通している株式総和が多いほど受け渡しが頻繁になり、
適切な株価が形成されます。

流通している株式総和が少ないと、短い協定で株価が高騰したり、
値下がりしたりということが起こる可能性がある結果、
一定以上の流動性を保てるみたい、株主総和や上場株式総和が定められているのです。
アドバンテージ確立は、東証1、2部やジャスダックでは定められていますが、
新興市場である東証マザーズでは定められていません。

東証マザーズは、マッチ様態に「大きい育成予報」を挙げてあり、
現実から将来の育成性を重視する視点だからだ。

「通常確立」は、上場ディーラーとしての適格性を見るための様態だ。
たとえば東証1部の場合、所の奪取性および収益性、統括の頑強性、
コーポレートガバナンスの効果、風説告白の適切性などが審判知らせとされています。
その他、公益もしくは投資者維持の観点から不可欠と見て取れる種目が
個別に審査されることもあります。

各市場により確立は異なりますが、上場するためには形態基準の条件を満たし、
どんどん通常基準の審判をクリアする必要があるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.articleated.com/mt-tb.cgi/6

コメントする