Home | 株式上場した企業の姿勢について »

2016年8月15日

株式上場を目指すワケ

ベンチャーなどがまず最初に目標にするのが株式の上場だ。
最初は東証マザーズ、ジャスダック、先東証2部、東証1部と
段階を経てやっていこうといった熱意を持つ人の多くはそう考えています。

上場といえば個人的に楽しみにしている、医薬品会社のクラシエやコタローなど
いつ上場するのだろうと待っている管理人です。

クラシエやコタローといえば漢方薬で有名ですが、
その中でも猪苓湯について詳しく書かれているサイトを見つけました。
それが、猪苓湯の効果について徹底解説します!!です。
上場するか未定ですがちょっと調べてみてもいいのではないでしょうか。

では、なぜそこまでして上場したいのでしょうか?
第はじめに思えるのはキャピタル購入だ。
上場する結果株をトレーダーに買ってもらい、
その元本で任務を拡大していくというのが株本来の姿勢だ。

増資などの新株供給も便利だったから、
キャピタル購入がこれにより簡単にできるようになります。
また、部分の実利を上げることにも寄与します。
上場には良い支障があります。
東証1部などは大部分、有名でなければ入れません。

そうして、株主にコントロール繋がることになるので、
財務はクリアにし、無謀なマネージメントなどは総合できません。
そういったものが部分の信用につながります。
中には、上場する理由に産みの親が有する株を
いつでも売り払えるからと考えているやつもいるようです。

会社を創設始めるにあたり、
いくらかの当人資本は残るわけでそれを片付けしたくなるのは当然だ。
上場を果たした一時、株主を持つ産みの親やその所帯が同時に
ビリオネアになる場合はよくあります。
そんなこともあって、上場をみな志すのです。

aebd45bd904b4cd1f1144b050fc.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.articleated.com/mt-tb.cgi/2

コメントする